コンタクトレンズのQ&A
コンタクトレンズを作りたいときは、どうすればいいのですか?
コンタクトレンズは高度管理医療機器に認定されていますので、医師(眼科専門医)による検査・診察を受けます。そこで希望や使用目的、眼の状態により、コンタクトレンズが決定されます。そして、販売店から、コンタクトレンズ製品を購入してください。
コンタクトレンズの定期検査は、どうすればいいのですか?
最初は1週間後に定期検査を受けましょう。そこで問題がなければ、3〜6ヵ月に一度の割合で検査となります。また、充血やかゆみ、違和感など異常が生じたら、眼科医の診察が必要です。
レンズの左右がわからなくなったときは、どうすればいいのですか?
まず、レンズを装用して左右の見え方を確かめてください。それでもわからなければ、処方を受けられた施設に相談しましょう。レンズは目の左右のデータをもとにそれぞれ、度数やカーブが決められているので、確認できます。
コンタクトに慣れるまでに、どれくらいの日数がかかりますか?
個人差やレンズの種類によって異なりますが、約7日間で慣れます。それでも慣れない場合は、眼科医にご相談下さい。
レンズが目の裏に入ってしまう事はありませんか?
眼の構造は、まぶたと白目(結膜)がつながって、袋のようになっているため、奥に入ってとれなくなることはありません。もし、レンズがとれない場合は、眼科に受診してください。
乱視がありますが、コンタクトは使えますか?
強い乱視の場合は一般的にハードレンズが向いていますが、ソフトレンズにも乱視用のレンズがあります。
コンタクトレンズの寿命は、どれだけありますか?
使用状況やアレルギー性結膜炎の有無などの状態によって異なりますが、通常、ソフトレンズで1年〜2年・ハードレンズで約2年です。また、使い捨てコンタクトレンズの場合は、「2週間使い捨て」の「2週間」とは、容器から取り出した後から2週間以内であり、使用延べ日数ではありません。
コンタクトレンズを装用して、目薬をしてもよいのですか?
コンタクトレンズ用の目薬であれば大丈夫ですが、中には使用してはいけない目薬もあるので、眼科医に相談しましょう。
レンズをつけている時に、目にゴミが入ったらどうしたらよいのですか?
すぐに、レンズをはずしてください。異常が治らない時は、レンズの装用をしないで眼科を受診してください。
旅行に行く場合、適しているレンズはどれですか?
1日タイプの使い捨てレンズが便利です。また、ハードレンズもケアは簡単なので旅行に向いています。
レンズをつけたまま眠れますか?
連続装用が認められているレンズなら大丈夫です。眼科医に確認してください。
化粧はレンズ装用の前でよいですか?
化粧をした後の手でレンズを装用すれば、レンズに化粧品がついてしまうので、化粧の前にコンタクトレンズを装用してください。